BEAUTY LAB'S BLOG

合言葉は”永遠に美しく”!

しそ酢の作り方

しそ酢は以下のような方法で作ります。

入れ物として注ぎやすいびんを用意し、材料はしその葉が100枚と黒酢が500ml、以上です。

まずしその葉をよく洗い、すり鉢ですりつぶした後、ガーゼやふきんなどを使って濾し、黒酢の中にその絞り汁を入れると出来上がりという、簡単な方法です。

できあがったしそ酢はすぐに飲めるのですが、そのまましばらくおくにつれ、酸味が丸くなっていくので、まろやかな味がお好みの方は、少しおいておくといいでしょう。

これをもっと飲みやすくしたしそジュースがありますが、これも簡単で、しその葉150枚、黒酢100mlに、砂糖が500g加わるだけです。

沸騰させた水1リットルの中にしそを入れて、出てくるあくを取りながら5分間ほど煮て、そのしそは取り出し、砂糖と黒酢を加えます。

これを冷やした後水割りや炭酸割りなどにしてすると、大変おいしくのむことができます。

黒酢を使う代わりに、普通のお酢を使っても大丈夫です。

しその葉も赤しそ、青しそ、どちらで作ってもよく、砂糖もはちみつに変えるとまたおいしくなり、好みで好きなものを選ぶといいでしょう。

飲みやすい味なので、子どももお年よりも、家族みんなで飲むことができるでしょう。

市販されているしそ酢もありますが、このように簡単に作ることができ、新鮮で安心な飲み物ですから、ぜひ手作りに挑戦してみましょう。

そして毎日の食生活に上手に取りいれていきたいですね。

コンドロイチンを補う食品

老化とともに不足しがちなコンドロイチンを食事から摂取するにはどんなものを食べたらよいのでしょうか。

コンドロイチンは基本的に「ネバネバした」食品に多く含まれています。

納豆やオクラ、海藻・山芋などで、ネバネバしたのであれば、動物性・植物性を問わずコンドロイチンが含まれていると考えてよいでしょう。

ただ動物性の食品(例えばウナギ・すっぽん・フカヒレ・どじょうなど)のほうが、体内での吸収率は良いようです。

日本で古くから食されているものには、このねばねばしたものが多く、これも昔の人々が日ごろから健康につながるものを食べていたという証なのかもしれません。

昔から精がつくと言われて大切にされていた食品が、このねばねばしたものであることは事実です。

ただその含有量を考えると、それはさほど多いものではないのです。

食品から摂り入れるには、常にそのことを頭に入れて食事を考える必要があります。

これをすべて食事から摂っていくことは、なかなか難しいと思う人も決して少なくないでしょう。

サプリメントや医薬品を利用すれば、それほど難しくなくコンドロイチンを摂取することができるでしょう。

サプリメントは高価なイメージがありますが、コンドロイチンのサプリメントは続けやすい価格のものが多く、1ヶ月分で1500円くらいからあるようです。

一番いい方法としては、毎日の食事からも摂れるように気をつけながら、サプリメントでも補っていくことかもしれません。

コンドロイチンとは

今テレビや雑誌などでよく見ることのある、コンドロイチンというサプリメントは、どういったものなのでしょうか。

コンドロイチンとはもともとギリシャ語で「軟骨のもと」という意味があります。

一種の「ムコ多糖類」で、加熱されたときにジェル状へと変わる性質があります。

「ムコ多糖類」とは「粘りを持った多糖」という意味で人間の肌の奥にある真皮の主要成分のひとつでもあります。

人間の体においては骨と骨をつなぐ軟骨の部分に存在し、そのねばねばした粘性が、骨同士が摩擦しないように、クッションのような役目を果たしています。

そのほかには、眼球の角膜、皮膚、肝臓や腎臓などの内臓にも含まれていて、体内の細胞をひとつひとつつなぐ役目もしています。

またもうひとつの大切な役目が、体の中の水分コントロールをする、というところです。

それはコンドロイチンが、非常に高い保水力を持っているという証です。

このような性質が生かされて、哺乳類や魚の軟骨から抽出され、さらに精製され、化粧品やサプリメントに使われるコンドロイチンが生まれているようです。

特に多く作られているのは、サメの軟骨から抽出されるコンドロイチンです。

そんなコンドロイチンの安全性は、アメリカ食品医薬品局でも認められているほどです。

このような大切な働きをするコンドロイチンは、私たちの健康を推進するものとして、これからまだまだ必要とされていくのではないでしょうか。

超乾燥肌用クリーム

なんといっても保湿を心がけることが、超乾燥肌の人にとって基本となる対策です。

肌の水分と油分が失われないように、超乾燥肌用のクリームなどを使って、肌の表面からお手入れしましょう。

そして規則正しい生活を心がけ、バランスの良い食事をしましょう。

超乾燥肌に適したスキンケアと生活を改善ることによって、新陳代謝を促し、肌の血行が良くなります。

そうすれば超乾燥肌が悪化するのを防ぐことができます。

クリームなどによるケアとともに、肌の水分補給化粧水やエッセンスなどを使っておこないましょう。

使用するときは肌を温めて毛穴を開かせ、クレンジング・洗顔をした後に化粧水で肌を引き締めて、水分を閉じ込めるようにします。

その後に超乾燥肌用のクリームや乳液で膜を作り、水分の蒸発を防ぐことでしっかりと保湿することができます。

スキンケアに使う化粧水などは、超乾燥肌用の低刺激のものを使うことをおすすめします。

超乾燥肌のスキンケア以外にも、睡眠不足や昼夜逆転のような生活、仕事によるストレスなどで免疫力が低下してしまうと、肌が荒れやすくなりますので、精神的にリラックスすることも重要です。

もし超乾燥肌によって肌荒れや痒み、痛みなどの症状が出てしまったときには皮膚科を受診しましょう。

保湿剤やステロイド剤、かゆみを抑える抗ヒスタミン剤などが皮膚科で処方されるでしょう。

超乾燥肌は素人判断で間違ったスキンケアをしてしまうと、よけいに症状がひどくなってしまうことがあります。

それを避けるためにも早めの受診を心がけましょう。

やせたい人の運動

体脂肪を減らすために、適度な運動をすることは、大変大切なことです。

体脂肪を減らす目的で、やせたい人が行う運動は、消費エネルギー量を増やせために行うものではありません。

ただ体脂肪を運動だけで減らすのは難しいことなのですが、やせたい人にとって運動をすることは大切なことなのです。

それはまず運動によって筋肉をつけることで太りにくい体をつくることができるからです。

また運動によって交感神経の動きが活発になると体脂肪が燃焼されやいという利点もあります。

体脂肪を減らす運動には2種類ありますが、ひとつは体脂肪を効率良く燃やすための有酸素運動で、もうひとつは筋肉を鍛え体脂肪を燃やしやすい体をつくる無酸素運動です。

有酸素運動とは酸素を十分に取り入れながらゆっくりと全身を動かす運動です。

脂肪が燃えるためにはたくさんの酸素が必要になりますが、有酸素運動である水泳やウォーキングは、こういうわけで脂肪燃焼に効果的なのです。

少なくとも20分以上この運動を続けたほうがよく、またそれに加えてやせるためには体に筋肉をつけて太りにくくする運動も必要です。

そのためには無酸素運動が有効的なのですが、ふだんあまり運動をしない人がいきなりこの運動を始めると、筋肉や関節を痛めることがあります。

簡単なダンベル運動や筋力トレーニングなどを無理なく少しずつ行うようにしましょう。

やせるためにはこの有酸素運動無酸素運動をうまく取り入れることが、ダイエット成功につながるでしょう。

ダイエットをする前に

世の中の若い人たちは、今や男女の違いを問わず、その多くがもっとやせたいと願っているのではないでしょうか。

テレビや雑誌で見るスマートなモデルさんにあこがれたり、そこで見られる服装がほしいと願ったり、女性は特にそんな夢をいつも抱いています。

世界的に見てみると日本の女性は、痩せると言う言葉にたいへん敏感で、他の国の人々からすると痩せているのにどうしてと思われている事多々あるようです。

そんな女性の願望に比例するように、世の中には様々なダイエットの情報があふれていますが、中には危険性があるようなものも存在しています。

本来好ましい姿とは、健康的なプロポーションを保つことですが、世の中にあふれるダイエットの情報では、何が大切なのかもわからなくなるようなものがあります。

食べることは太ることだという一種の脅迫感が身についてしまい、病気につながるということもあるようです。

「食べて痩せる」そんな魅力的な事あるわけないと思うかもしれませんが「食べて痩せる」ことは十分に可能なのです。

自分が実際に太っているのかどうかを、はっきり数字に出して調べるために、BMI指数という肥満度指数を求める計算式を利用するといいでしょう。

この式は、BMI指数=体重(Kg)÷(身長m×身長m)で計算するもので、これにより客観的に見ることが可能です。

数字が出たら、20以下の人は痩せ気味、24以下の人は標準、26.5以下の人はやや肥満、26.9以上の人は肥満という見方をします。

自分がどの範疇に入るか知ったうえで、ダイエットの必要性も含めて判断しましょう。

ガリガリに痩せるのが本来の理想の姿ではないはずです。

顔のたるみやすい人の特徴

顔がたるみやすい人はいくつか特徴を持っているので、それを紹介します。

内臓が弱い人はだいたいにおいて顔がたるみやすいのですが、それは内臓が血流の半分を作っているため、内臓が弱いと血流も悪くなりがちだからです。

内臓の中で胃腸は栄養分を消化吸収する臓器ですが、胃腸が弱っていると当然栄養状態も悪くなるのです。

栄養状態がよくないということは、筋肉も丈夫ではいられないため、顔がたるむことにつながります。

内臓が丈夫でない人は、ものを食べるときによくかむ習慣をつけると消化もよく、内臓に負担がかからず、筋肉も使うので顔のたるみ解消になります。

血行が悪かったり冷え性であったりしても顔がたるみやすく、それは血行が悪いと血流が悪くなって栄養が充分に運ばれないからです。

そうなると栄養状態はどうしても悪くなり、筋肉も衰え、顔がたるむことになるのです。

こんな冷え性や血行の悪さを解消するには、できるだけ体を温めて冷やさないようにし、適度な運動を行うといいでしょう。

運動不足だったり、同じ姿勢で長く仕事をする人も顔にたるみを作りやすく、それは体をあまり動かさないことが血行を悪くし、筋肉の衰えにつながるからです。

無表情でいることも顔のたるみを作りやすく、それを解消するためには顔の下半分を動かすようにしましょう。

無表情の人の場合、口角が下に下がって居る人が多いので、自然の重力により顔の皮膚がたるんでしまいます。

このような顔のたるみを解消するには、意識的に口角を上げることが効果的で、こうすれば何より表情も豊かになるのです。

顔たるみの原因について

顔のたるみの原因として考えられるのは、肌の乾燥や皮下脂肪の減少です。

肌が乾燥すると、顔のたるみにつながってしまい、さらには老化を早めてしまうという問題が生じます。

健康的な肌を維持する為に欠かせないエラスチンやコラーゲンは、繊維芽細胞という皮膚細胞が生産しています。

この繊維芽細胞の活動を妨げるのが、皮膚の乾燥というわけです。

美肌作りに欠かすことのできないエラスチンやコラーゲンは、不足してくると肌にハリを失わせ、顔のたるみを助長することになるのです。

顔には皮下脂肪もある程度必要で、これが減少するとやはり顔にたるみができてしまいます。

体には、もともと皮下脂肪組織の働きが弱くなりやすい部分というものがあり、特に組織の働きが変わりやすいのが、目のまわりです。

老化と共に皮下脂肪組織の働きが弱くなるので、目がくぼんだり、目元のしわが深くなり顔のたるみが目立つようになのはこのためです。

加齢は誰もが避けては通れない事ですが、乾燥への対策は日頃から気をつける事が可能です。

肌を乾燥させてしまうと、せっかくのコラーゲンの働きが弱くなるので、美容用品などでいくら顔のたるみを解消しようとしても効果が薄れてしまいます。

とにかく毎日のケアで乾燥を防ぐことが大切なのです。

お風呂上りに顔にしっかり保湿をし、絶対に肌が乾燥しないように気をつければ、顔のたるみを解消することはきっと可能でしょう。

太ももセルライトの原因

太ももにセルライトが出来る原因として考えられるのは、運動不足や、代謝機能の低下により脂肪が付きやすくなることです。

代謝機能が低下すると、老廃物を体内に蓄積しやすい体質もなってしまうので、特に気をつけなければなりません。

運動不足や代謝機能が低下することにより、古い皮下脂肪がどんどん体内に蓄積され、セルライトとなっていくのです。

女性の更年期はホルモンバランスが乱れやすく、この時期も注意が必要です。

特に代謝機能が乱れやすくなるので、セルライトが出来やすい状態になってしまいがちです。

またほかにも血行が悪かったりむくみや冷え性があったりすると、セルライトができやすくなります。

血液やリンパの流れがよくないと、体に悪い老廃物が体内に残りやすくなるからです。

冷え性やむくみやすい体質を持っている人は、もとから抹消時間がよくはないので、太っていない人でも注意しなければなりません。

太ももなどの下半身は血液の流れがどうしても悪くなってしまうので、セルライトが出来やすくなっています。

さらにセルライトには、老化も関係しているといわれています。

大人の太ももなどにはセルライトを見ることがよくありますが、子どもの場合はセルライトはあまり見ることがありません。

この理由は老化によって代謝機能がだんだんと低下してくるので必然的に太ももにセルライトが出来やすくなってしまうのです。

太もものセルライトを増やさないために

一旦できあがってしまった太もものセルライトは、そう簡単に取り除けるものではありません。

セルライトを放っておくと、腰痛や肩こりの原因につながります。

そして、むくみや冷え性などをさらに悪化させたりもするのです。

この太ももなどのセルライトをそれ以上増やさないためには、日常の習慣として体を動かすことが大切です。

しかし定期的な運動はなかなか困難なもので、そのときは体を内側から、そして外側からも冷やさないようにしなければなりません。

まず血行不良を改善するために、お風呂に入ったときなどに体をよく温めるようにしましょう。

そのときに太ももをマッサージを行えばセルライトを増やさずにすむと思います。

また水分をしっかり摂るようにして、老廃物を排出しやすい体にしなければなりません。

また、規則正しい生活も大切です。

偏った食生活も絶対によくありません。

塩分を摂りすぎることは、太もものセルライトを増やしてしまうことになるので、塩分控えめの食事を目指すように心がけましょう。

太もものセルライトを増やさない方法は、このように定期的な運動をし、体を冷やさないよう気をつけ、規則正しい生活を心がけることです。

美容クリニックで絶対に痩せる

なんとしてもやせるための方法としてあげられるのは、やはり美容クリニックで行われる痩身法でしょう。

美容クリニックで行われる絶対に痩せる方法には脂肪吸引があります。

日本で約20年前に始まり、特に最近10年でその技術は著しく進歩しているようです。

超音波脂肪吸引が開発されるなど、医療機器は確実に進歩を続け、医師の技術もそれとともに進歩しています。

このように脂肪吸引は進歩を続けたことで、安全でなおかつ確実な方法として広く取り入れられるようになりました。

またメソセラピーは、美容クリニックで行われている、もうひとつの確実にやせられる方法なのです。

これは細くしたい部分に直接注射を打つことで、脂肪を溶解させるというダイエット法です。

この方法は脂肪吸引と比べると効果や1度の施術範囲に限界があり、ある程度の回数は必要です。

しかし長時間かかって大変な手術に比べれば、注射を打つだけの簡単な方法は、その施術時間がわずか5分ですむのです。

以上なんとしてもやせるための方法を、いくつか紹介してまいりました。

いずれの方法であっても、自分の健康状態や、費用の問題などもきちんと考えて、まずは無理なくできる方法を選んで挑戦してみることが、最も大切なことでしょう。

それには、あらゆる角度から綿密に情報収集することももちろん忘れてはならないことです。

エステで痩せる

エステティックサロンでは、なんとかしてやせる方法というのをそこそこ独自の方法で行っっています。

それぞれのサロンが独自のクリームや技術を駆使し、ダイエットプログラムもそれぞれ独自に作られているようです。

それにはたとえば近赤外線と運動波EMSのダブル効果により、身体の深部から細胞を暖め脂肪燃焼を促す、というものがあります。

またパックというのも、やせるためには効果があるようで、それには海藻やチョコレート、オイルなどが材料として用いられているようです。

それによって新陳代謝が促され、それぞれの成分からミネラル補給、美肌、癒しなどの効果も期待されています。

それからマッサージも、だいたいどこのエステサロンでも行われているようですが、やはりそれには独自のオイルやクリームが用いられているようです。

血行がよくなるようにしてむくみを取り除き、さらにやせるツボを刺激するところもあります。

そしてやせるためにもうひとつ忘れてはならないもの、セルライトを分解させることが大変重要です。

セルライトとは、老廃物を含んだ水分が、肥大した脂肪細胞の周りに滞って硬くなり、回りの毛細血管やリンパ管を圧迫するために起きる循環障害の状態です。

それを解消する方法は、セルライトを直接手でもみほぐしながら脂肪燃焼させる方法や、吸引しながら分解させる方法などです。

特にこのセルライトの除去は重要な部分なので、それぞれのエステサロンが独自のマシンなどを使って特に力を入れているのです。

エステでの痩身法もどんどんその追求がなされ、医学的な面も研究され、美を追い求める助成はますますこういう場を利用していくことでしょう。

サプリメントで絶対痩せる

痩せるための絶対的な方法として、ダイエット用のサプリメントを利用するという手があります。

健康のためにサプリメントを服用することが浸透しだして以来、ダイエット専用のサプリメントも続々出てくるようになりました。

サプリメントを利用す方法は、ダイエットとしては無理のない方法として、絶対にやせたい人のためには欠かせないものでしょう。

たとえばどんなものがあるかというと、代謝をよくするよう働きかける「「αリポ酸」や、余分なものに働きかけて代謝を促進させる「L―オルニチン」などを含んだサプリメントがあります。

また、インゲン豆・クローブ・ギムネマなどは、食べ物の糖分や脂肪分に作用して、余分なものを吸収させないようにするサプリメントです。

ほかにもブッチャーズブルーム・メリロート・ローズマリーなどのハーブを配合させて、体の内部から気になる部分にやせるよう働きかけるようなサプリメントなどがあります。

そういった、よく知られているサプリメントのほかに、「生コーヒー豆抽出エキス」配合のサプリというものがあり、これもダイエットに効果があると言われています。

この生コーヒー豆抽出エキスには、ダイエットに効果があるといわれているクロロゲン酸が含まれているからです。

この物質は加熱されると消滅してしまうため、必ず「生」でなければ効果を得ることができないといわれています。

こんなサプリ以外にも、サプリと同様の効果を期待した製品として、緑茶風味のお茶にダイエット促進成分を含ませた製品もあります。

このようなものも、毎日飲むお茶から摂るものとして、サプリと同じようなダイエット効果は得られるかもしれません。

こんなサプリ類を利用することは、特別の努力や無理もすることなく、また飽きたりすることもないので、比較的続けやすいダイエット法といえるでしょう。

マッサージで部分痩せ

部分やせの方法として、エステサロンでも行われるマッサージをすることも効果があります。

顔やせをするためには、エクササイズでもあるように、普通のダイエットとは違って顔の表情筋を鍛えることが重要なのです。

それともうひとつ大切なことがリンパマッサージで、これにより顔のむくみが取れて、顔の部分やせへとつながるのです。

顔の表面には多くのリンパが流れています。

顔のまわりにあるリンパがよく流れないと、顔によけいな水分がとどまり、そのことが顔にむくみを作ることになるのです。

そんな症状を防ぐためにリンパマッサージを行うと、リンパの流れがスムーズになります。

部分やせの中でも人気がある足やせの場合も、やはりまずむくみを解消するために水分代謝のツボを刺激し、流れの悪いリンパを強くマッサージすることで老廃物を除去します。

また脂肪や筋肉をもみほぐしながら移動させ、ラインを整えて行くなどの方法があります。

足の中でも特に太ももは、なかなか痩せにくく、簡単に部分痩せの結果が出るわけではないということは、忘れてはならない点のようです。

そして二の腕の部分やせ対策としては、筋肉をほぐしてリンパの流れをよくするマッサージを行う方法があげられます。

このようなマッサージを行うと、部分やせの目的だけにとどまらず、体の疲れがなくなり、コリもほぐれてすっきりすることができる点がいいですね。

こんな部分やせの対策として、専門のエステを頼るのもいいし、もちろん自分でよく研究することもできますし、エステのマッサージとその後の自分の手によるケアを組み合わせるのもいいことかもしれませんね。

エクササイズで部分痩せ

部分痩せの方法として、まず気になる部分をダイエットエクササイズで引き締めていく、という方法があります。

部分痩せでまず候補に上がるのは、顔でしょう。

顔痩せのためのエクササイズで代表的なものは、唇を取り囲む筋肉である口輪筋を鍛える方法です。

口輪筋を鍛えるエクササイズは毎日続けると顔のたるみや二重あごを引き締めるもので、簡単なエクササイズで顔を痩せさせることも期待できます。

次にあがる部分痩せの候補は、太ももです。

太ももには大腿四頭筋大腿二頭筋という大きな筋肉がついているので、エクササイズによってこれをバランスよく鍛えてシェイプアップに繋げます。

足のむくみが気になる人も、太ももの筋肉をエクササイズで鍛えると血液の循環がよくなってむくみ解消になります。

これらの他にも二の腕の部分痩せエクササイズなどがあります。

腕の前側には上腕二頭筋が、後ろ側には上腕三頭筋がありますが、二の腕エクササイズでは上腕三頭筋を集中して鍛えてシェイプアップする方法がメインです。

日頃は肘をのばす時に使う上腕三頭筋ですが、上腕二頭筋よりは日頃あまり使われないために脂肪を貯め込みがちです。

そのため逆に鍛えると比較的簡単に、部分痩せにつなげることができるようです。

このように、部分痩せを目指す時にエクササイズを利用する方法は、それぞれの部位についている筋肉の構造と密接に結びついています。

筋肉のつきかたや力の入れ方を学んでおくとエクササイズに有益であるといえます。